徹底網羅!安心の無添加キャットフードの選び方

メインイメージ

シンプリーについて分析&解説

詳細に確認

魚系ならコレ!シンプリーキャットフードについて徹底的に分析してみました。
その分析結果をここで紹介します!

私はサブ的に活用

私の愛猫たちの一番のお気に入りはカナガンキャットフードです。
シンプリーキャットフードは、愛猫たちがカナガンに飽きないようにサブとして活躍してもらっています。

もちろんシンプリーもカナガンに負けず劣らず品質が高いのですが、メインの原材料がサーモンなので、そこは上手く使いこなしています。
カナガンはメインの原材料がチキンなので、味や香りが結構違うんですよ。

猫たちにも程よい調整になっているみたいで、良い感じ。
コストパフォーマンスも優れていますから、かなりお奨めのフィッシュ系フードです!
私の様にカナガンキャットフードと一緒に組み合わせて使うのも一つの方法だと思います。

特徴まとめ

まずは、製品としての特徴を片っ端からピックアップしていきます。

メイン原材料はサーモン

メインのタンパク源はサーモンです。
2種類のサーモンをたっぷりと配合していて、食いつきと栄養バランスが良好!
1つは、スコットランド西岸で獲れた新鮮なサーモンを配合しており、もう1つは旨みを凝縮した乾燥サーモンを使用しています。
最後に濃厚なフレーバーソースでコーティングしているので、香り豊かで食いつきも良いのが特徴。
もちろん、香料や調味料は一切使用されていません!

ヒューマングレード・無添加

合成添加物は一切使用されていないので、安心して与えることができます。
もちろん、原材料は全て人間が食べられる品質(ヒューマングレード)です。
保存料にはミックストコフェロール(ビタミンE)を使用していますが、もちろん安全な成分です。

さらに、上に記した通り、メインの原材料はサーモンですが、魚副産物は使われていません。
安価なフードには使用されることが多いのですが、その点も合格ですね。

品質管理も徹底して行われています。
BRC(英国小売協会)の規格でAランクを取得した工場で製造が行われています。
これは人間の食品管理と同等の高い水準です!
つまり、品質管理もヒューマングレードで行われているのです。

健康リスクに配慮

猫にとってリスクの高い病気・怪我などを予防する栄養バランスでレシピが組まれています。

具体的に嬉しい栄養素の一例をあげると、まずは尿路結石を予防するキナ酸。
キナ酸はクランベリーに含まれる成分で、尿のph値を安定させてくれる効果があります。

また、毛玉の排泄をサポートしてくれる成分も配合しています。
これには、オーツ麦やオリゴ糖などを利用。
これらの成分には食物繊維が豊富で、便の排泄をスムーズにしてくれるのです。
便秘や下痢などに悩んでいる猫ちゃんにもお奨めです!

さらに、関節ケアに役立つグルコサミンやコンドロイチンなども配合されています。
これらの成分は人間の間接ケアにも人気ですよね。
シニア猫の関節を労わるのにも役立ちます。

低カロリーで安心

シニア猫でも食べられる【低カロリー】が、もう一つのメリット。
もちろん、量を調整すれば生後7ヶ月~シニアまで全てのライフステージに対応してくれます。
生涯を通じて与えることのできる高品質なフードです。

くちコミをピックアップ

気になるくちコミをピックアップしてみました。

食べ続けてくれる

今まで品質のちゃんとしたドライフードを探してきたのですが、やっぱりどうしても猫の方の反応が悪くて続きませんでした。
3日くらいは黙って食べるけど、その後は渋々食べたり、2、3粒しか食べなかったり、2週間経つとプイッと無視するみたいな(-"-)
それで自分なりに分析してみたところ、ウチの猫はチキンやラムだとそうなる可能性が高いっぽい?
それでシンプリーキャットフードを試してみました。
これはサーモンが材料でしたので。
試してみると予想的中!
2週間はもちろん、今のところ3ヵ月間ずっと食べ続けてくれています。
安全性も高いしちゃんと食べてくれるし!いい感じです~(*´ω`*)

36歳 田淵さん 女性7歳 ミルちゃん ♀