徹底網羅!安心の無添加キャットフードの選び方

メインイメージ

高級なキャットフードは何がいい?


スーパーやホームセンターにならんでいるキャットフード。
実に色々な種類があります。
値段も大袋にはいった安価なものから、プレミアムと銘打っている高級なものまで、実に幅があります。

高級なキャットフードは、何がいいのでしょうか。
まず、安いキャットフードは何で安いのか、考えて見ましょう。
消費期限をみてみると、ものすごく長いものが多いです。

保存料、防カビ剤、酸化防止剤などを大量に使っている場合が多いのです。
エトキシキン、BHA、BHTなど多く使いすぎると遺伝子にキズがつき、いわゆる癌などになりやすくなります。
平成13年朝日新聞がドッグフードの成分検査の結果、あるフードから酸化防止剤(BHAとBHT)
が計377ppmも検出されたそうです。
人間が食べるバターや魚の干物等でも、両物質合わせて200ppm
までしか使用が認めらてないそうで、この検出値は非常に高いといえます。

バターや干物はそればかり大量に摂取することはありません。
ですが、猫や犬が、総合栄養食として主にたべているものに、これだけの添加物が入っているのは、とても危険なことです。
原材料のランクも当然低いものになります。

規制もありませんので、特に海外産は野菜も大量に農薬を使用し、肉も4D ミートとよばれている。
そのような、死肉や病気の動物の肉など、到底人間は食べられないようなものを使っている場合が多いのです。

4D ミートまではいかなくても、価格の問題から、人間が食べられるようなランクの肉は、絶対にペット用には卸さない、と明言している精肉業者もいるとの話です。
粗蛋白質%の表示はありますが、これには穀類の蛋白質も含まれますので、実際に動物性蛋白質の比率は全くわかりません。
穀類http://www.shrhs.org/grain.htmlは食べても栄養にならないので、栄養不足に陥る可能性があります。

安いフードにはそれなりに「安い訳」があると言えます。
肉のランクや、保存料を使用しない製造方法にこだわれば、当然コストは跳ね上がります。
無添加とうたっているフードでも、あまりに安価の場合は、そのからくりを考えてみてください。