徹底網羅!安心の無添加キャットフードの選び方

メインイメージ

キャットフードは何肉が良い?


猫にあげる理想的な肉とは、何なのでしょう。
その答えは猫の食性を考えるとわかってきます。
人間もそうですが、食性というのは元々からだが必要としている栄養で、何万年もかけて出来上がってきたものです。

環境によってそうそう変わることはありません。
犬と猫は、同列に語られることが多いのですが、その食性をみると似て非なるものだということがわかります。

Wikipedia【猫】によると、猫の原種は中東の砂漠などに生息しているリビアヤマネコで、ネズミや野ウサギなどを主食としていました。
穀物には手を出さず、害獣のみを捕食することから、穀物を守る生き物として、人間と共存するようになりました。
他におなじネコ科の生き物では、トラやライオンといった大型種も含まれます。

ですので、基本的には肉をたべていればよい、ということになります。
逆にいうと、完全に雑食性の犬と違って、猫は植物性の栄養素をほどんと利用することができない、ということです。
また、肉といっても忘れてはいけないのが、内臓や皮膚、骨など通常人間が食べない部分です。

ライオンを思い出してください。
かれらは獲物を捕らえたとき、真っ先に腹に食いつきます。
自らの消化できない、植物性の栄養素を間接的に摂取しているのです。
草食動物であるうさぎを捕獲していた猫も、消化された状態の、胃の内容物から、大切な栄養を摂取していました。

つまり、草食の獲物を丸ごと口にする、これが一番理想的な食事なのです。
人間の考えた穀物中心の食事や筋肉と脂肪分だけの肉を組み合わせた食事では、きちんと食べていても栄養不足になってしまいます。
特にアルギニン・タウリンといった必須栄養素が不足しがちです。

勘違いしている方が多いのですが、基本的に魚は食べません。
魚はマグネシウムが豊富で尿石になりやすくなります。
現在入手できる食肉の中では、豚肉、牛肉、鶏肉、に加え、ラム肉、鹿肉や馬肉http://www.con2.com/~cyberdent/が理想的になります。

フードの場合、鶏副産物粉などと呼ばれる、内蔵と骨を含む材料を使ったりすることで、内臓が豊富に含むミネラル類を摂取できるようにしています。
人気のキャットフードに使われている原料も調べてみましょう。