徹底網羅!安心の無添加キャットフードの選び方

メインイメージ

ベジタリアンキャットフードで猫の健康は保てる?


人間にとって、野菜不足は必須栄養素の不足を招き、身体の調子を悪くします。
現代は特に、肉食に偏り勝ちで、野菜を摂る=健康的という図式が常識になってきているようです。
しかし、それはあくまでも人間の話。
猫の場合、「ベジタリアンフード」は必要あるのでしょうか?
その答えは猫の食性を考えるとわかってきます。
食性というのは元々身体が必要としている栄養で、何万年もかけて出来上がってきたもの。
環境によってそうそう変わることはありません。

犬と猫は、同列に語られることが多いのですが、その食性をみると似て非なるものだということがわかります。

Wikipedia【猫】によると、猫の原種は中東の砂漠などに生息しているビアヤマネコで、ネズミや野ウサギなどを主食としていました。
穀物には手を出さず、害獣のみを捕食することから、穀物を守る生き物として、人間と共存するようになりました。
他におなじネコ科の生き物では、トラやライオンといった大型種も含まれます。

ですので、猫は基本的には肉をたべていればよい、ということになります。
では、野菜は一切必要ないかというと、そうではありません。

ライオンを思い出してください。
かれらは獲物を捕らえたとき、真っ先に腹に食いつきます。
自らの消化できない、植物性の栄養素を間接的に摂取しているのです。

草食動物であるうさぎを捕獲していた猫も、消化された状態の、胃の内容物から栄養を摂取していました。
ただ、雑食性である犬と違い、野菜の消化に適していない猫にとって、加工されていない野菜は不負担になります。
「半分消化された状態の野菜」が猫の食事には必要ということです。

しかし「ベジタリアンキャットフード」のみをあげるのは、やめましょう。

アルギニン・タウリンなどの、動物性タンパク質にのみ含まれる必須栄養素がかけることになり、正常な心臓の機能、視覚、胆汁酸円などの形成が阻害されます。
食物繊維を摂取しお腹の調子を整えるために、おやつ代わりに食する程度にしましょう。