徹底網羅!安心の無添加キャットフードの選び方

メインイメージ

猫に人間の食べ物を与えては駄目?


人と猫とでは必要な栄養素のバランスが違い、消化機能も違います。
猫が食べると消化不良や中毒などを起こす食品もあるので、基本的に人間が食べているものはあげないようにしましょう。
少しだけと思っていても、味がしっかりついている人間の食事は美味しく感じますので、味を覚えるとほしがるようになってしまいます。

そのために、キャットフードを食べなくなってしまうことも。
猫の食事には、品質のよいキャットフードを与えることが鉄則です。
以下に、猫に食べさせてはいけないものをあげます。

①食べると中毒を起こすもの 
ネギ類 赤血球を壊す成分が含まれるため、貧血や血尿などを引き起こす。
チョコレートなどのカカオ類 下痢、嘔吐、異常な興奮、痙攣などを引き起こす可能性があります。

毒性の植物(つつじ、すずらん、トリカブト、ひいらぎ、ジャスミン、など)。

②食べると下痢などの原因になるもの
えび、かに、いか、たこ、貝類、青背魚、人間用の牛乳、きのこ類、こんにゃく、アボカド、生卵など。

③与えると身体によくないもの
人間用に味付けされたもの(砂糖、塩、調味料など)
糖分が多いもの(ケーキや菓子など)
塩分が多いもの(ハム、ソーセージ、菓子など)
油分が多いもの(ベーコン、ハムなど)
牛肉、牛レバー
猫はもともと肉食ですが、人間の食べ物が気に入れば食べてしまいます。
以前は残飯をあげるのが常識となっていましたが、猫にとっては塩分、油分ともに多すぎるため、栄養的に問題があります。
ハムなどの塩分濃度は、キャットフード(総合栄養食)の何倍にもなります。

与え続けると、猫の身体には負担になります。
また、ハンバーグなどに玉ネギが含まれていることもありますので、加工肉についても注意が必要です。
手作りごはんのほうが、添加物もふくまれず、よいように思われますが、専門の知識がないと、手作りごはんだけで、バランスよく栄養を摂取するのは難しいでしょう。

キャットフードとうまく組み合わせて、与えたいものです。
おすすめのキャットフードはこちら↓
http://xn--nck1bpe3d4d0i.net/ranking.html