徹底網羅!安心の無添加キャットフードの選び方

メインイメージ

キャットフードを安く購入するには


ホームセンターやスーパーで大量に袋売りされている、安価なドライフード。
その値段を維持するためには、原材料のコストをさげたり、保存料を大量につかって大量生産でコストをさげていたり、どうしても「健康的なフード」としては不安が残ります。
といって、プレミアムと呼ばれる、香料・保存料・酸化防止剤無添加だったりする高級なキャットフードは、家計に痛い、というひとも少なくないのではないでしょうか。

キャットフードを安く買う方法はあるのでしょうか。
まとめてみました。

①底値を探す。
同じ商品でも、店によって値段が違うみたいです。
また通販よりもホームセンターなどのショップのほうが安く買えるようです。
時間があるときにいくつか回って、底値をチェックしておくのも手です。

②アウトレット品を買う。
内袋に汚れや、袋が破れて補修してあったり、賞味期限が短かかったり、印字不良などの理由で、アウトレット品が販売されていることがあります。
通常の80%引きなんてものも!ネットで検索してみてください。

③賞味期限ぎりぎりのセール品を買う。
賞味期限がぎりぎりのものはワゴンセールになっていることが多く、お買い得です。
ただし、仲間でわけあうなど、すぐに食べきれない場合は工夫が必要です。

④信頼のおける、格安キャットフードをかう。
できればいろいろと手間をかけて作られている高級キャットフードがいいですが、そうもいかない場合、内容にくらべて格安といわれるキャットフードもお勧めです。
猫にとって有害な成分の代表格が、マグネシウム塩。

これをあまり含まない、かつお手ごろでお勧めなのが、日清のキャラットシリーズです。
含有量0.12%、場合によって1キロ800円程度。
製造している鶴見工場はISO規格も取得しており、安心の国産です。

⑤鶏肉やマグロhttp://www.petemergencytreatment.com/tunny.htmlのアラ、野菜などをゆでる。
人間の食べ残しなども、猫にとってはご馳走になることも。
お財布にも優しく一石二鳥です。
ただ、人間用に調理したものは、与えないようにしましょう。
塩分糖分や油分が多すぎて猫に負担になります。