徹底網羅!安心の無添加キャットフードの選び方

メインイメージ

キャットフードを選ぶときの基本

現在、市場には数え切れないほどのキャットフードが出回っています。
しかし、その内の殆どが「安全とは言えない危険なフード」だということを知っていますか?

最終的には同じ猫缶・カリカリという外見になりますが、その中身は猫にとって有害としか言えないような内容のフードが非常に多いのです。
テレビのCMで見るようなキャットフードは、殆どが合成添加物などを使用しています。
これは動物病院やペットショップなどで販売されているフードに関しても然り!
つまり、殆どのフードは危険なのです。

手作り食はOK?

その危険性・恐ろしさに気が付いた飼い主の半分は手作り食を与えようと考えます。
手作り食は、合成添加物が含まれていないことや原材料が確かなものであることが自分の目で確認できます。
これは確かに大きなメリットです。

しかし、手作り食には大きな落とし穴があります。
それが「栄養バランス」です。

猫と人間は必要とする栄養価が大きく異なります。
人間は炭水化物を主なエネルギーとしていますが、猫は元々肉食動物ですから、炭水化物をあまり必要としません。
タンパク質がメインのエネルギー源です。
しかし、炭水化物が全く必要でない訳ではありませんし、タンパク質だけ摂っていれば良いという訳ではなく、猫にとって理想的なバランスで摂取する必要があります。

自然に生きている猫は、草食動物を食べる過程で、その体内にあった消化中の葉物類からビタミンやミネラル類を摂取します。
その比率を一般家庭で再現するのは非常に困難と言えるでしょう。
しっかりと研究されたレシピには手作り食は敵いません。

つまり、愛猫の健康を考えるなら、危険性の少ない高品質なキャットフードを与えるのが一番理想的なのです。
手作り食は愛猫に愛情を伝える手段の一つと考えて、オヤツに与える程度にしましょう。

穀類は猫の敵!

猫は元々肉食動物ですから、自然な状態で穀類を食べることはありません。
つまり、猫には穀類を消化吸収する機能が備わっていないのです。
それにも関わらず、多くの市販されているキャットフードには、穀類がメインの原材料に使われています。

その理由は、穀類を使用することで低コストな製造が可能になるから。
かさ増し・コスト削減の為に活用されているという訳です。
完全にメーカーの都合です。
CMではそんな薄暗い裏事情なんて一切わかりませんよね。

そんなキャットフードを与え続けていると、すぐには体調悪化などの変化はなくても、数年後に不調・トラブルがあらわれるようになります。
(既に嘔吐などの慢性的な不調が表れているのに、「猫は吐く生き物だから」「いつもこうだから」といったように見過ごしてしまっている方も多くいらっしゃいます。)

尿路結石や肥満、アレルギーなどの悪影響が見られるようになるのです。
これらの悪影響が現在見られる場合は、すぐにでもフードを切り替えることをお奨めします。

具体的には、穀類を全く使用していないグレインフリーのフードが理想的です。
例えば、カナガンキャットフードは嗜好性も兼ね備えた最適なフードです!

原材料表示に気をつけて!

フードを選ぶときに、パッケージの裏面にある原材料表示を参考にするという飼い主さんは少なくありません。
しかし、その原材料表示、実は殆ど意味がないのです。

日本では、ペットフードを厳格に規制する法律がありません。
つまり、原材料表示は任意なのです。

  1. 含有されるものを多い順に・・・
  2. 全体の80%以上を表示する・・・

という指導はありますが、内容的にはかなり曖昧ですよね。

例えば、全体に対して含有量の少ない「合成添加物」に関しては、一切表示されることはありません。
そして、ペットフードにおいて、合成添加物は発がん性の可能性もある毒性の強いものが使われることが非常に多い。

業者にとっては、低コストで高パフォーマンスだからです。
これも人間食用としては法律で使用されているものの、ペットフードには禁止する法律がないことで使用可能になっています。

これらの問題に対する解決策は、

  • 合成添加物を使用していないことを明記しているフードを選ぶ
  • 原材料を全て開示していることを宣言しているフードを選ぶ

この二つです。

この二つの条件を満たすキャットフードの代表的な例はカナガンキャットフードシンプリーキャットフードなどです。